教育無償化、教育格差の拡大を心配する声も

政府内で幼稚園や保育園を無償化しようという動きが出てきているようです。

何でも幼稚園や保育園の無償化することで低所得者の経済的負担を減らし、消費の活性化につなげることを期待しているみたいですね。
でも結局所得が増えないと経済的余裕もできるわけないし、保育費が無償化されただけでお金を使おうだなんて思わないですよね。
あと保育費は国が各家庭の所得によって決めているらしく、収入が高いほど保育費も高いらしいです。
今回の制度はそういった高所得者に対しても適用がされるとのこと。
つまり高所得者ほど減額の幅が大きいということです。
他サイトから調べたことですが、ある専門家は
「高所得世帯は無償化によって浮いたお金を子どもの習い事に使うでしょう。そして更に教育の格差が拡大する」
と懸念しています。
確かに(私もですが)所得が低い人にとって保育費がかからなくなるのはありがたいことですが、
結局お金持ちが得をするような制度なのかな、と思います。